自己破産とは

金融機関からお金を借りるということは返済することを約束した上で貸してもらうということでもありますが、最近はインターネットなどを使って便利にキャッシングなどの申し込みをすることもできるようになっているので昔に比べるとキャッシングの利用率は向上しています。

借りたお金を返済することができなくなるというのは当初の約束を破ることにもなるので、本来なら何が何でも返済をしないといけないというのが筋のようにも思えますが、借りたお金を返済することができなくなっても債務整理という方法を用いることで借金の整理をすることは可能です。

債務整理の中でも自己破産という方法は借金がどれだけあっても帳消しにすることができるため、多額の借金があっても借金問題解決を図ることができるメリットがあります。

自己破産をするためには弁護士や司法書士など法律に卓越した知識を持っている専門家に依頼するのが一般的となっていますが、裁判などを通して自己破産を進めて行くことになるので一人だけだといろいろ残る課題があります。

もちろん、自己破産をするということを踏まえて弁護士や司法書士は力を貸してくれるので裁判などにかかった費用については後から分割払いで収入に合わせた返済が可能になります。

ただし、誰でも自己破産をしてすぐに新しい生活を再起させることができるわけではなく、場合によっては適用されないこともあるので適用の条件をきちんと確認しておくことも大切です。

債務整理の評判・ランキング

結婚相談所を利用する理由について

結婚相談所と聞くと、少し前までは結婚適齢期を過ぎて婚期を逃した人やなかなか相手が見つからない人が利用するという余りよいイメージはありませんでした。しかし最近ではたくさんの出会いを求めるというような婚活が盛んになっています。それは職場やプライベートでの出会いが少なかったり恋人を探す時間がないという人も利用しているので、結婚相談所に対するイメージは変化しています。

なぜ結婚相談所で婚活をするのかというと、その理由は人によってさまざまです。結婚をしたいけど日常生活の中でよい出会いがないという人や、忙しくて恋愛をしている時間がなかったり出会いの機会がないという理由が多くなっています。このほかには交友関係で異性と関わることがあまりないというような人が利用していることが多くなっています。ここでわかることはいくつかの共通点です。

それは結婚をしたいという気持ちがあるにもかかわらず、性格や現在の生活習慣が原因でそれが難しくなっていると言うことです。しかし最初から結婚をすることが目的となっているので、お互いの気持ちを確かめることができればすぐに成婚に結びつきやすいという特徴があります。結婚相談所にはどのような人が登録をしているのかが気になりますが、年齢や男女比や学歴や年収に関してはそれぞれで違いがあります。しかし大手の相談所ではそれほど大きな差はありません。そのなかで会員の年齢に関しては、男性と女性に関係なく20代後半から30代と40代前半が多くなっています。

そのなかでも男性では30代後半から40代後半、女性は20代後半から40代前半が一番多い年齢となっています。男性と女性ではどちらの方がたくさん登録をしているのかというと、その比率は6対4となっています。男性の方が少し多いところが多くなっています。しかしどちらの登録が多いと言うことにこだわるのではなく、実際には成婚率で選ぶようにします。職業は男性と女性度どちらも会社員が多くなっています。

そして男性は次に公務員が多くその次に専門職と続いています。女性の場合は会社員の次に多いのが専門職でその後に教師や教諭となっています。実際にどのくらいの年収の人が登録をしているのかというと、女性で200万円から400万円台が多くなっています。その次に400万円から600万円台が多くなっています。

これに対して男性は400万円から600万円台が一番多く、その次に600万円から800万円が多くなっています。男性の特徴として200万円台以下がいないというのは、入会条件のなかで定職に就いているという項目を満たしていないからとなっています。学歴に関してはやはり最終学歴は大学卒というのが多くなっています。

結婚相談所を比較する

消費者金融の抱える過払い金問題

テレビのコマーシャルなどでも数年前から、「過払い金返還請求」という言葉をよく目にするようになりました。そもそも過払い金とは、消費者金融などの貸金業者に払い過ぎたお金のことです。平成22年6月に貸金業法が改正されるまでは、ほとんどの貸金業者は、出資法に基づいた金利で融資を行っていました。  

貸金業者が守るべき法律は、出資法と利息制限法という2つの法律があるのですが、かつては両者の上限金利は異なっており、その金利差がいわゆる「グレーゾーン金利」と呼ばれるものでした。ほとんどの貸金業者は、金利が高い出資法での融資を行っており、それも要因のひとつとなって、多重債務者が続出し、社会問題化するようになりました。結果、法律が改正され、現在では金利の低い利息制限法でのお金の融資が、義務づけられているというわけです。  

法律が改正される前の出資法の利息で支払ったお金を、利息制限法に基づいた利息で計算し直した場合の差額が、過払い金となります。過払い金返還請求が社会現象化した結果、最大手の消費者金融が倒産しました。軒並み中小の消費者金融は倒産の憂き目にあい、金融市場から撤退し、大手の消費者金融は生き残りの道を模索して、銀行の傘下に入ることとなりました。  

前述しましたように、消費者金融の多くが銀行の傘下に入り、過払い金返還請求の苦境を乗り越えたわけですが、巨大資本の銀行グループの傘下に入ることで、結果的に、これまで持っていなかった社会的なステイタスがつくこととなりました。かつては、街金、サラ金と同じような認識で扱われていましたが、消費者金融のカードローンでお金を借りることは、いわば銀行から個人融資を受けているのと同じだという認識へと変わったということです。  

大手消費者金融のカードローンは、WEB完結で即日融資に対応しているところがほとんどです。ただし、銀行振込という性質上、平日の14時までに契約が完了しているということが前提となります。パソコンやスマホなどのインターネットを利用した場合には、自宅に居ながら申込みから融資まで、すべてを完結することができます。そして、WEB完結が現在の借入れ方法の主流となっています。  

申込条件については、年齢が20歳以上の方で、安定した収入がある方であれば、雇用形態には関係なく、パートやアルバイト、派遣社員の方でも申込むことができます。ただし、貸金業法の管理下にある消費者金融には、貸し過ぎにならないように、総量規制という法律を守らなければいけません。貸金業法の改正によって、融資することができる金額は、他社の借入れを含めた総額で、年収の3分の1までと義務づけられています。お金を借りる上で大切なことは、ご自分が返済することができる金額を上限として借りるということです。ゆえに、総量規制の範囲内であっても、くれぐれも借り過ぎには注意しましょう。

消費者金融の評判|比較ランキング