自己破産の進め方

借金をたくさんした場合に自己破産という方法の債務整理を用いることによって借金整理を進めて行くことが可能になります。

債務整理にはいろいろな種類があって任意整理のように借金の総額を変更しないで借金整理をする方法もあれば、特定調停や個人再生のように借金の一部は減らすものの、最終的には借金完済を目指しているという方法もあります。

これらの債務整理と根本的に考え方が異なっているのが自己破産になりますが、この方法による債務整理というのは借金を返済しないで借金を帳消しにするというもので、その引き換えに財産などを失うことになります。

基本的に自己破産をする場合は裁判という壁があるので弁護士や司法書士などに依頼することになりますが、司法書士の場合だと借金の金額によっては対応することができない場合もあるので、その場合は弁護士に依頼して手続きを進めていくことになります。

自己破産はいろいろある債務整理の中でも最終手段という段階に入ってくるので、いきなり考えるのではなく事前に法律相談所などに足を運んで借金整理についてのアドバイスを受けておくようにしましょう。

また、債務整理をすると決めて弁護士や司法書士に依頼するとそこから借金をしているそれぞれの金融機関に対して通知が送られます。

その通知が届いた時点から取り立てや催促をすることができなくなるので、自己破産をすると決めた時点から早めに手続きを進めて行くことが結果として負担を軽減することになります。