自己破産の前に考えたいこと

自己破産をすることによってこれまで蓄積された自分自身の借金が消えるので、長い時間かけて借金により苦しんできた人からするとまさに地獄からの解放と思えるくらいかもしれません。

しかし、勘違いしてはいけないのは借金を作ったのは自分自身であるという点で、何もしないで借金が増えるようなことは生活する中では考えられません。

どうしてこうなってしまったのかということをしっかり考えることも今後同じような過ちを犯さないためには必要なことだと言えるでしょう。

自己破産は債務整理の最終手段と言われているように、できるだけ他の方法を用いて借金整理することをおすすめしますが、債務整理をしなくても借金問題が解決するケースがあります。

例えば金融機関からお金を借りている場合に複数の借り入れ先があることによって金利の返済が大きくなり自力では返済することができないという状況になることもありますが、この場合だと借金を一本化することができるおまとめローンを利用する方が良い場合があります。

おまとめローンは債務整理をするのではなくまとまったお金を借りて一度借金を完済させて、おまとめローンで借りた金融機関に対して返済するという形になるのでブラックリストに名前が掲載されることもありません。

また、一昔前にキャッシングなどを利用したことがある人は過払い金が発生している可能性があり、それを請求することで手元にお金が戻る可能性があるため、そのお金を借金完済に充てることも可能です。