民事再生との違い

自己破産は借金整理をするための債務整理の一種になりますが、お金を借りて返済することができなくなっても債務整理をすることによって借金の整理をすることができるようになっています。ちなみに自己破産をするといくら借金があっても適用されたら一円も借金を返済しなくてよくなりますが、当然ながら無条件でそのようなことを許してしまうと借金をする人のほとんどが自己破産に頼るようになるので財産を没収するなどのペナルティを用意しています。そのため、この方法による債務整理はできるだけ最終手段として捉えたいものですが、財産を没収されないでなおかつ借金の一部を減らして返済しやすい状態を作りたいのであれば民事再生という方法がおすすめになります。民事再生は借金の一部を直接的に減らすことができるので安定した収入がある人にはおすすめの方法となりますが、ゴールには借金返済が待っているので収入がない場合は適用されないので注意が必要です。民事再生をする場合も裁判を通してなので、大抵の場合は弁護士や司法書士などの専門家に依頼することになりますが。依頼先によってかかってくる金額は変わってくるので事前に確認しておくようにしましょう。ちなみに民事再生をするとブラックリストに名前が入ることになるので新しく他の金融機関のローンサービスを利用することができなくなることやクレジットカードを作成して使用することができなくなるので注意する必要があります。