ブラックリストとの関係

自己破産をすることによってブラックリストに名前が入ることになりますが、ブラックリストというのはローンサービスを提供している金融機関が共有して持っている情報のことであり、これに名前が入ってしまうと新しくお金の借り入れをすることが難しくなってしまいます。

当然ながら自己破産をするということは本来ならきちんと返済しなければならないお金を返済しないということなので、貸した側からするとルール違反ということにもなります。

また、金融事故を起こした人というのは再び同じことを繰り返してしまう傾向にあるのでブラックリストとして名前を残すことによって金融事故を軽減しています。

ちなみにブラックリストに名前が入るのは自己破産だけでなく民事再生や特定調停、任意整理においてもリストに名前が入るようになっていますが、それぞれの債務整理によってリストに名前が残される期間というのは異なっているので注意する必要があります。

お金を借りる場合は借りることばかりを考えるのではなく借りたお金に対してもきちんと責任を持たなければなりませんが、最近はキャッシングの普及に加えてインターネットなどを通じて簡単に申し込みをすることができるようになっているので借金をするという感覚が薄れているのも実際のところです。

また、ブラックリストに名前が入ってしまわないようにするためにもきちんと借金管理をすることも忘れないようにして上手に借金と付き合っていきましょう。