連帯保証人による借金

自己破産になるケースとして多いのが連帯保証人になることによって被債務者になるケースですが、連帯保証人というのは金融機関からお金を借りようとする場合に自分が返済することができなくなった場合に代わりに借金を返済してくれる人のことです。

最近は保証会社が中に入ることによって連帯保証人を用意しなくてもお金を借りることができるところは増えていますが、自分がした借金でもないのにいきなり大量の借金を作ってしまう可能性があるというのも連帯保証人の怖いところです。

連帯保証人になっている状態で自分が被債務者になるケースとして多いのが借金をしている人が自己破産をするケースで、この債務整理は借金を返済しなくていいという債務整理になるため、金融機関側は本来の被債務者に対して請求をすることができなくなるので連帯保証人の方に矛先が向かうというわけです。

自力で返済することができないくらいの借金を抱えてしまっている場合は連帯保証人も同時に自己破産をするのが一般的となっていますが、自分で作った借金ではないのに自己破産という末路を辿るケースというのは意外と少なくありません。

本来の被債務者を責めたくなるのは御最もですが、同時に連帯保証人になるということはそれだけ重たいことであるということも覚えておく必要があります。

親しい中だからこそ連帯保証人になるのは分かりますが、お金にまつわるトラブルは親しい人同士の方が起こりやすいという現実もあります。