自己破産が家族に知られる可能性

自己破産をすることによって過去にキャッシングをしていて自力で返済することができなくなってしまった借金や住宅ローンなどを利用していて収入が激減するなどの理由からローン返済が厳しくなった場合でもローンの返済を放棄することができます。

ただし、無条件に自己破産をすることができるというわけではなくそれ相応の代償を支払う必要があるわけですが、その代償となってくるのは自分が保有している財産であり、住宅や車などは自己破産をした後に没収の対象となってしまいます。

当然と言えば当然の処置ではありますが、お金を借りて返済することができなくなったでは済まないということは借金をする時点できちんと考えておく必要があることです。

ちなみに自己破産をすると家族に知られてしまう可能性があるという不安を持っている人も少なくないと思いますが、この債務整理に限った話しではなく借金整理をしたからと言ってその通知が身内に届くということはありません。

ただし、近い存在になってくると裁判所に出向くことや弁護士、司法書士とのやりとりなどが知られてしまう可能性は十分にあるため、まったく勘付かれないまま進めて行くのは難しいのが実際のところです。

仮に家族に知られることなく自己破産をすることができたとしても、それからは新しくお金の借り入れをすることができないことやクレジットカードを作ることができないなどの制約を受けることにもなるので勘付かれる可能性は大きくなります。