自己破産で没収される財産

自己破産をすることで借金地獄から解放されることになるので、特に銀行や消費者金融からの催促や取り立てが毎日のように続いていた人からすると一気に地獄から天国に登ったような感じだと思います。

しかし、天国だと思っていた自己破産も実際にしてみるとさまざまな制約を受けることによって地獄のような状態になることもあるので安易に考えるべき債務整理ではありませんが、特に財産が没収されるというのは思いの他、ダメージが大きい部分でもあると思います。

財産の没収の対象となるのは住宅や車、高価なアクセサリーなどで、もちろん所有している現金についても没収の対象となってしまいますが、新しく生活を始めるために必要最低限のものに関しては没収の対象になることはありません。

中には自己破産によって財産が没収されたくないという理由から現金化して隠しておくような人もいますが、その時はそれで罷り通っても後からその事実が発覚した場合はせっかく自己破産が適用されても無効になるので再び金融機関からの取り立てや催促が復活することになります。

そうならないようにするためにも最初からきちんと没収されるべき財産は没収されるようにすることが大切で、破産をするということはそれ相応のペナルティを受けるということを意識しておく必要もあります。

お金を借りることは便利な面がある一方で、返済をきちんとしないと生活が崩れてしまう可能性があるということも覚えておきましょう。