自己破産が適用されない場合

債務整理にはいろいろな種類がありますが、共通しているのは借金を返済することができなくなった場合に法律に頼って借金問題の解決を図ることができる方法であるという点です。

住宅ローンやマイカーローン、キャッシングなどローンをするケースにはいろいろありますが、あらゆるローンでの借金に対して適用することが可能になっています。

債務整理の中で自己破産を考える場合は他の債務整理とは一線を画しているので十分に考えた上での判断が必要になります。

他の債務整理については借金を減らしてでも借金を完済することが目的になっているものの、自己破産については借金を放棄して再起を図ることが目的なので借金を返すということを既に諦めている状態です。

当然ながら必死になって働いてお金を返している人からすると返すことができないので借金を放棄するでは通らないと思いますが、財産を没収するなど自己破産をする場合はそれなりにペナルティが付加されることになります。

また、誰でも適用されるというわけではなく借金を作った原因が自分の娯楽のためやギャンブルなど明らかに自分の管理ミスが原因で借金をしている場合も適用されないので注意する必要があります。

最近はいろいろな形でお金を借りることができるようになっていますが、お金を借りる場合はきちんと明確を持って借りることが大切で、自分の趣味など自分に対する投資は自分が稼いだお金の中から余力で行うのが普通です。